大阪を代表する名店が数多く登場! 森山未來、尾野真千子でリメイクの夫婦劇

2013/08/19 09:00

 「オダサク」の愛称で親しまれた織田作之助は、大阪を舞台に市井の人々の人間模様を描いた作家です。代表作『夫婦善哉』は昭和の大阪を代表する作品として、今でも語り継がれています。

あわせて読みたい

  • 志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    志賀直哉、芥川龍之介が“うつつを抜かした”「すっぽん鍋」とは?

    週刊朝日

    10/26

    淡島千景さんのストイックさに、手を出せなかった森繁久弥

    淡島千景さんのストイックさに、手を出せなかった森繁久弥

    週刊朝日

    2/22

  • 佐々木蔵之介がコロナ禍で感じた演劇の力「生きていく上で大切なのは…」

    佐々木蔵之介がコロナ禍で感じた演劇の力「生きていく上で大切なのは…」

    週刊朝日

    5/10

    新・朝ドラ『おちょやん』のモデル、浪花千栄子ってどんな人? 自伝で明かした波乱万丈人生

    新・朝ドラ『おちょやん』のモデル、浪花千栄子ってどんな人? 自伝で明かした波乱万丈人生

    dot.

    11/30

  • なだれ込む旅行客、飛び交う1万円札 大阪の黒門市場が「アジアの市場」に?

    なだれ込む旅行客、飛び交う1万円札 大阪の黒門市場が「アジアの市場」に?

    AERA

    2/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す