もしがんになったらどうする? 帯津医師が説く「年齢」で変わる向き合い方

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/06/27 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「がんになったら」。

あわせて読みたい

  • 『80歳の壁』86歳の帯津医師はどう見る? 自身との共通点と相違点
    筆者の顔写真

    帯津良一

    『80歳の壁』86歳の帯津医師はどう見る? 自身との共通点と相違点

    週刊朝日

    6/13

    90歳を超えて魅力的な人…86歳の帯津医師が「見習いたい」と思う人たち
    筆者の顔写真

    帯津良一

    90歳を超えて魅力的な人…86歳の帯津医師が「見習いたい」と思う人たち

    週刊朝日

    8/8

  • 40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    40年以上の“戦友”の死に帯津医師が「悲しいと思わない」理由

    週刊朝日

    9/13

    進歩するがん治療の60年 帯津医師「がん征圧」のカギを語る
    筆者の顔写真

    帯津良一

    進歩するがん治療の60年 帯津医師「がん征圧」のカギを語る

    週刊朝日

    1/24

  • 治療法が効果を発揮するには「3つの信頼」が重要 帯津医師も日々実感
    筆者の顔写真

    帯津良一

    治療法が効果を発揮するには「3つの信頼」が重要 帯津医師も日々実感

    週刊朝日

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す