「沢田研二の『サムライ』は軍服、三島由紀夫、高倉健さん。我ながら上出来のアブない組み合わせ」鬼才・早川タケジが語る“ジュリーの世界”

ジュリー

2021/11/02 11:30

 今冬、作品集「JULIE by TAKEJI HAYAKAWA – 早川タケジによる沢田研二」を出版する早川タケジさん。早川さんと言えば1973年以来、沢田研二の衣装、アートディレクションを担当し、画家としても世界的注目を浴びる鬼才。そんな彼が自身の"ライフワーク"とも言える沢田との共同作業について語ったインタビューの後編。

あわせて読みたい

  • 【前編】「沢田研二さんには、妖艶というか幻想的というか、体験したことがない種類の魅力を感じた」美の鬼才・早川タケジが語るジュリーとメモリアル作品集(前編)

    【前編】「沢田研二さんには、妖艶というか幻想的というか、体験したことがない種類の魅力を感じた」美の鬼才・早川タケジが語るジュリーとメモリアル作品集(前編)

    週刊朝日

    11/2

    「沢田研二さんには、妖艶というか幻想的というか、体験したことがない種類の魅力を感じた」美の鬼才・早川タケジが語るジュリーとメモリアル作品集(前編)

    「沢田研二さんには、妖艶というか幻想的というか、体験したことがない種類の魅力を感じた」美の鬼才・早川タケジが語るジュリーとメモリアル作品集(前編)

    週刊朝日

    11/2

  • 神宮寺勇太が「週刊朝日」の表紙&グラビアに単独登場!「僕、癒やしは捨てている派です」の真意とは?

    神宮寺勇太が「週刊朝日」の表紙&グラビアに単独登場!「僕、癒やしは捨てている派です」の真意とは?

    10/25

    “時給最低ライター”が立憲民主・小川淳也と「ガチ対談」 “デスマッチ”の裏側 

    “時給最低ライター”が立憲民主・小川淳也と「ガチ対談」 “デスマッチ”の裏側 

    週刊朝日

    9/26

  • 「江川卓はドジャースから誘われていた」 驚愕の事実を高木豊が暴露!

    「江川卓はドジャースから誘われていた」 驚愕の事実を高木豊が暴露!

    dot.

    6/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す