小泉進次郎氏は「ぬるま湯」、山本太郎氏は苦戦? 関東の選挙区の行方は

小泉進次郎

2021/10/20 07:00

※写真はイメージです (c)朝日新聞社
※写真はイメージです (c)朝日新聞社

 解散から投開票まで17日という戦後最短の短期決戦となる今回の衆院選。政治ジャーナリストの野上忠興氏と角谷浩一氏に、北海道・東北地方・関東地方の選挙区の情勢を聞いた。

【全国289選挙区当落予測はこちら】

*  *  *

※獲得議席予測、各選挙区の当落予測については調査の結果ではありません。公示日前に識者2人が予想しました。 (週刊朝日2021年10月29日号より)
※獲得議席予測、各選挙区の当落予測については調査の結果ではありません。公示日前に識者2人が予想しました。 (週刊朝日2021年10月29日号より)

■北海道・東北

 それでは、全国の選挙区の情勢を見ていこう。

 北海道では自民が苦戦を余儀なくされそうだ。もともと旧民主党系の候補が強い傾向があるが、前回の衆院選で自民は全12選挙区のうち半分の6議席を獲得した。今回は、野上氏はわずか3勝、角谷氏も4勝止まりに終わると見る。

「共産が独自候補を立てていた3、4、9区は、最終的に擁立を見送りました。共産は比例北海道ブロックでの議席確保が悲願ですから、立憲系の労働組合が比例で共産の協力に回るという棲み分けができると早くから聞いていました」(野上氏)

 維新の鈴木宗男参院議員の長女で、自民の比例代表選出の貴子氏は7区で出馬を検討したが、候補者調整の結果、今回も比例に回ることになった。

 角谷氏がこう語る。

「安泰なのは12区の武部新氏だけです。4、5、7区は自民が僅差でとれそう。9区の元スピードスケート選手、堀井学氏は失速気味です。もともと元民主党代表の鳩山由紀夫氏の選挙区で踏ん張ってきたが、この間の政府の支持率低下のあおりと野党が一本化したことから、このままいけば立憲に明け渡すことになりそうです」

 東北は近年、TPP(環太平洋経済連携協定)の批准問題や農協改革などを巡って、たびたび“農家の反乱”が起き、自民の候補者は苦杯をなめさせられてきた。自民が苦戦する選挙では、県都を取りこぼす「1区現象」が起きやすいが、岩手、宮城、福島の各1区で立憲候補が優勢に選挙戦を進めている。

 注目選挙区は、秋田2区。法相を務めた際に国会での答弁能力の欠如が批判された金田勝年氏は前回、わずか1672票差で緑川貴士氏に競り勝った。だが、1万3642票を獲得した共産が候補擁立を見送ったため、落選の危機だ。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 【衆院選予測・関東】比例でもギリギリの山尾志桜里 菅直人、菅原一秀は落選危機

    【衆院選予測・関東】比例でもギリギリの山尾志桜里 菅直人、菅原一秀は落選危機

    週刊朝日

    1/30

    菅自民は「おしまいDEATH」? 大阪では維新と「仁義なき戦い」

    菅自民は「おしまいDEATH」? 大阪では維新と「仁義なき戦い」

    週刊朝日

    10/3

  • 菅首相「コロナ自爆」で議席減、沖縄も全敗か…衆院選当落予測

    菅首相「コロナ自爆」で議席減、沖縄も全敗か…衆院選当落予測

    週刊朝日

    8/20

    【衆院選予測】空白の北海道2区にムネオ復活? 東北は「農家の怒り」が自民直撃

    【衆院選予測】空白の北海道2区にムネオ復活? 東北は「農家の怒り」が自民直撃

    週刊朝日

    1/29

  • 参院選の目玉候補は? 元貴乃花親方夫妻と隠し玉女優…

    参院選の目玉候補は? 元貴乃花親方夫妻と隠し玉女優…

    週刊朝日

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す