“ロックおじさん”に注意! ハラスメントになる理由、若者が嫌う理由

2021/08/31 11:30

ジョン・レノンとミック・ジャガー、2大ロックスター、夢の共演!? (c)8Beat Gag シマあつこ
ジョン・レノンとミック・ジャガー、2大ロックスター、夢の共演!? (c)8Beat Gag シマあつこ
熱いロックライブを繰り広げる、泉谷しげる (写真/石澤瑤祠)
熱いロックライブを繰り広げる、泉谷しげる (写真/石澤瑤祠)
シーナ&ロケッツ (写真/石澤瑤祠)
シーナ&ロケッツ (写真/石澤瑤祠)

 ロック好きシニアのみなさま、ロックに興味がある若者に、ついつい先輩として、愛や経験を語りすぎたり、自身の体験を自慢したり、時には若者を否定しちゃったりしていませんか? それ、“ロクハラ(ロック・ハラスメント)”かもしれません……。

【写真】熱いロックライブを繰り広げる、泉谷しげるさん

*  *  *
 アパレル店員のAさん(20代後半)。最近ハマっているバンドを中高年の先輩に言ったところ、

「売れてるよね。でもアレって打ち込みでしょ、ロックじゃないじゃん。ロック好きって言いたいなら、○○○を聴いてからじゃないと」

 といきなり否定された。

 カフェ店員のBさん(20代前半)は、

「『きっと気に入ると思うよ』と、おすすめCDを頼んでもないのにくれて(笑)」

 大学生のCさん、

「中学生のとき、父のCDコレクションからいろいろ渡され、ビートルズ愛を語られたり、これ聴け、あれはどう思ったかとか。曲は好きだけどウザかったです(笑)」

 ──シニア世代のロックファンの皆さま、ついつい若者にこんなこと、してませんでしょうか。これらは、もしかしたら“ロック・ハラスメント”なのかもしれません。

「僕たちの若いころは、T・レックスやボブ・マーリーの来日ライブを見たとかいう大人が周りにいて、そういう話を聞くのをおもしろく感じていました。『(ローリング・)ストーンズのあのライブビデオは見とかなきゃダメだよ』と言われたり。たとえ説教交じりでもマウントだなんて感じるわけもなく、むしろありがたい話として聞いていたのですが(笑)」

 と言うのは、多くのロックアーティストの写真を撮影するカメラマンでミュージシャンの石澤瑤祠さん(49)。

「たとえばストーンズのベロマークがプリントされたTシャツを着ている若い子を見ると、ついうれしくて、『好きなの!?』と言うと、『よく言われるんすけど、そういうの意識してないんで』と(笑)。こっちは単純にうれしくて、『同志よ!』という気分なのに、彼らにとっては『おっさん、ウザいっす』なんでしょうね」

1 2 3

あわせて読みたい

  • 止まらぬクイーン「ボラプ」旋風 「8ビートギャグ」シマあつこさんも応援

    止まらぬクイーン「ボラプ」旋風 「8ビートギャグ」シマあつこさんも応援

    AERA

    2/26

    コムアイらYouTubeで「私も投票します」と呼びかけ 若者の投票率を上げる新たな試み

    コムアイらYouTubeで「私も投票します」と呼びかけ 若者の投票率を上げる新たな試み

    AERA

    10/28

  • 作家・村上龍が新社会人に向けて送る、挑発的サバイバルメッセージ

    作家・村上龍が新社会人に向けて送る、挑発的サバイバルメッセージ

    BOOKSTAND

    4/1

    6月号NPO法人POSSE代表 今野晴貴 Konno Haruki世代間対立をしている場合ではない

    6月号NPO法人POSSE代表 今野晴貴 Konno Haruki世代間対立をしている場合ではない

    6/2

  • テレビが報じない「中高年のひきこもり」57歳男性が明かすリアルな日常と心を開いた言葉
    筆者の顔写真

    石井志昂

    テレビが報じない「中高年のひきこもり」57歳男性が明かすリアルな日常と心を開いた言葉

    dot.

    6/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す