【家つまみ】免疫力の強化に ルッコラとニンニクの健康サラダ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】免疫力の強化に ルッコラとニンニクの健康サラダ

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
ニンニクフライの健康サラダ (撮影/写真部・松永卓也)

ニンニクフライの健康サラダ (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】ニンニクのフライは余熱で焦げやすいので、低温で軽く揚げるようにする。(左) 繊細なグリーン野菜は空気を含ませるように手で調味料と混ぜ合わせる。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】ニンニクのフライは余熱で焦げやすいので、低温で軽く揚げるようにする。(左) 繊細なグリーン野菜は空気を含ませるように手で調味料と混ぜ合わせる。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「ニンニクフライの健康サラダ」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 毎日でも食べたいヘルシーなグリーンサラダ。ゴマに似た風味と少し辛みがきいた「ルッコラ」は、ビタミンCやβ‐カロテンが豊富で免疫力を上げてくれそう。さらに香ばしいニンニクフライを添えて、パワーアップさせましょう。

 葉物はまず洗って、冷水を入れたボウルに5分ほど浸します。葉が水分を含んでシャキッとしておいしくなりますよ。その間に薄切りにしたニンニクを揚げましょう。低温の油に入れ、少し色づいたらすぐに引き上げます。余熱が入りやすいので、焦げないように注意してくださいね。

 冷水につけた葉物は水を切り、ペーパーや布で水気を拭き取ります。調味料を加えたら、葉を傷つけないように清潔な手でふわっと空気を含ませるように混ぜるのがポイント。オリーブ油は最初に入れるとベチャッとしてしまうので、食べる直前に加えて混ぜ合わせてください。トッピングのニンニクフライは多めに作って瓶詰めにしておくと重宝します。チャーハンやパスタにも合いますよ。

(構成/沖村かなみ)

■ニンニクフライの健康サラダ
【材料】(2人分)ルッコラ4束、ベビーリーフ適量、ニンニク1片、サラダ油適量、塩・黒胡椒各少々、オリーブ油大さじ1、レモン汁大さじ1、粒マスタード小さじ1

【作り方】(1)ルッコラは適当な大きさに手でちぎり、ベビーリーフとともにしばらく冷水に浸す。(2)ニンニクは薄切りにして、低温のサラダ油で軽く揚げる。(3)大きめのボウルに水気をよく拭き取った(1)を入れ、塩、黒胡椒をふり、清潔な手でふんわりとひと混ぜする。レモン汁と粒マスタードを混ぜ合わせて加え、さらに軽く手で混ぜる。(4)食べる直前に(3)にオリーブ油を加えて手で軽く混ぜて器に盛り付け、(2)を散らす。

【ワンポイントアドバイス】ニンニクのフライは余熱で焦げやすいので、低温で軽く揚げるようにする。繊細なグリーン野菜は空気を含ませるように手で調味料と混ぜ合わせる。

週刊朝日  2021年6月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい