人を思いやれる愛犬・花ちゃん 飼い主「活気と癒やしと潤いのある生活に」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人を思いやれる愛犬・花ちゃん 飼い主「活気と癒やしと潤いのある生活に」

週刊朝日#動物
花ちゃん (提供)

花ちゃん (提供)

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬の花ちゃん(3歳)です。

*   *  *
 犬を飼うなら狆(ちん)がいいなと思っていました。穏やかな性格で、昔から日本で室内犬として可愛がられてきた日本犬です。

 数年前、飼い猫を老衰で亡くしました。1年ほどして雌の狆を飼うことになり、花(3歳)という和風の名前を付けました。

 花を飼いだして1週間。大変なことが起きました。花を抱いて立ち上がろうとしたとき、花がもがいて1メートルほど下の床に落ちたのです。花は鋭くキャンと鳴きました。

 後ろ脚を痛そうにするので診てもらうと、右後ろ脚骨折とのこと。手術、入院となりました。

 猫ならケガはしないと思いますが、犬の扱いに慣れていないため、大変可哀想なことをしてしまいました。

 その後は元気ですが、花は人を思いやることができる犬なのではと思うことがあります。

 例えば──

 話しかけると、花は顔をそらさず私をじっと見つめます。話の内容はわかっていないでしょうが、じっとこちらを見つめ、聞いてくれるのです。

 ドッグフードを食べたくないとき、下に敷いたナプキンで口などを使って覆います。残しても怒らないのに、自分でよくないと思うのでしょうか。

 散歩中、私がリードを放してしまったとき、あちこち動かず、ちゃんと持たなきゃという顔でリードと私を見ます。

 抱き上げようとすると、抱き上げるタイミングに合わせて小さくジャンプします。楽に持ちあげられるよう、跳んでくれているようにも思えます。

 花と暮らしだして、活気と癒やしと潤いのある生活になったように思います。娘家族の世話にならないで、最期まで花の世話をしたいと思っています。(名古屋市緑区/77歳/無職)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナー(外部配信含む)と「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します

週刊朝日  2021年5月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい