高畑淳子が語る若さの秘訣「最後は知力。読む力も思考力も発信源は脳」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高畑淳子が語る若さの秘訣「最後は知力。読む力も思考力も発信源は脳」

高畑淳子 (撮影/写真部・小黒冴夏)

高畑淳子 (撮影/写真部・小黒冴夏)

高畑淳子さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

高畑淳子さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

 30代は主に舞台女優として活躍し、以来、ドラマ、映画でも幅広く活躍する高畑淳子さん。最新出演作となる映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」では、「終活」をテーマに熟年夫婦を演じます。作家・林真理子さんとの対談では、“老い”や演技について盛り上がりました。

高畑淳子「『小栗旬さんを見ながらフレンチ食べたいな』と思うことはある(笑)」】より続く

*  *  *
林:お母さま、まだご健在なんですか。

高畑:91歳ですが、まだ生きてます。頭がちょっとボケてきたのと、ときどき心臓が苦しくなるということで、今はナースさんがいるホームに入っていますが、すごく元気です。林さんのところは、お母さまは?

林:うち、101歳で4年前に亡くなったんです。

高畑:101歳! すごいですねえ。最後までご自身で自分のことをなさってたんですか。

林:96歳ぐらいまで一人暮らししてましたけど、骨折してから寝たきりになっちゃいました。

高畑:どういう生き方をしてたら、96歳まで一人で全部できるようになるんですか。

林:母は戦前は女学校の教師をして、そのあと本屋をしてたんです。「老いて学べば老骨とならず」と言って、それをモットーにしてましたね。

高畑:ほぉ……。私の統計によると、朝、必ず新聞を読んでる方はご長寿で頭もしっかりしてますね。

林:私も毎朝、朝刊3紙を読みますよ。

高畑:おお、それは101歳コースですね。私、最後はやっぱり知力だと思うんです。文字をちゃんと読む力も、思考力も、発信源は脳じゃないですか。

林:そう思います。たまに私と同い年の方でも、すっかり老けちゃって「この人、誰だっけ」みたいな人がいて悲しくなりますけど、同い年の高畑さんはずっと若くておきれいでいらっしゃるから、励みになりますよ。

高畑:でも、難しいです。ずっと若くいたいとは思いますが、かといって整形や注射を打ちまくって、プラスチック人形みたいになるのもコワいし、かといって朽ち果てるのもコワいし、微妙な心の揺れどころですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい