“休肝日なし”で肝機能が改善!? 85歳の帯津医師が「毎日食す2つのもの」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“休肝日なし”で肝機能が改善!? 85歳の帯津医師が「毎日食す2つのもの」

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

帯津良一週刊朝日#ヘルス#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/帯津三敬病院名誉院長

帯津良一(おびつ・りょういち)/帯津三敬病院名誉院長

85歳になっても元気な帯津先生

85歳になっても元気な帯津先生

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「85歳になってみたら」。

【写真】85歳になっても元気な帯津先生はこちら

*  *  *
【数値改善】ポイント
(1)85歳を迎えた私の体に思いがけない変化が
(2)長年悪かった健康診断の数値がよくなってしまった
(3)変わったことは梅肉エキスと昆布のだし汁ぐらい

 実は先日、85歳になりました。90歳にはまだ5年もありますが、歳をとってしまったものです。ところで、85歳を迎えて、私の体に思いがけない変化が見つかったのです。

 以前に書いたことがありますが、年に2回やる健康診断の数値が私の場合、決してよくありません。でも、そのこと自体は気にしていないのです。数値が多少悪くても、生命(いのち)が躍動していれば健康だというのが私の考えですから。

 どんな数値かというと、例えば肝機能の指標となる「γ‐GTP」が302だったり228だったりします。正常値は80なのに20年ぐらい高値安定なのです。エコーで検査すれば「脂肪肝」だと診断されます。腎機能は、もともと先天性腎嚢胞(のうほう)があって正常値には届いていません。まさに毎年、数値は“満身創痍(まんしんそうい)”なのです。しかし、それで安定していて、体調も悪くないので特に問題はありません。

 ところが、85歳になるに当たって健康診断をしたら、数値が変わってしまったのです。なんと、その変化はいい方向に向かってなのです。

 まずγ‐GTPが正常値に近い90まで下がりました。エコーで検査しても、脂肪肝が見つかりません。腎機能はクレアチニンが高めだったのが正常値になりました。「eGFR」は90以上が正常なのですが、ずっと40台でした。それが56と初めて50台になりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい