爆笑・田中と山口もえも…増加する家庭内感染「高価すぎるPCR検査」に課題 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

爆笑・田中と山口もえも…増加する家庭内感染「高価すぎるPCR検査」に課題

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日#新型コロナウイルス
新型コロナウイルスに感染した「爆笑問題」の田中裕二さん (c)朝日新聞社

新型コロナウイルスに感染した「爆笑問題」の田中裕二さん (c)朝日新聞社

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんが8月26日、新型コロナウイルスに感染したことがわかった。事務所によると、せきなどの症状が出始めており、療養しているという。前日には、妻でタレントの山口もえさんの感染が確認された。

 さらに、TBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」で爆笑問題と共演している山本里菜アナウンサーも医療機関でPCR検査を受け、27日夜に陽性であることが判明した。同局は、他の出演者やスタッフには感染は広がっていないと説明する。

「保健所の判断を仰ぎながら、必要な措置を取っています。保健所からは濃厚接触者はいないと聞いております」(社長室広報部)

 著名人の間でも「家庭内感染」と「職場内感染」が相次いだわけだが、最近、特に増加傾向にあるのが家庭内感染だ。通勤や通学などで外出し、外から持ち込んだウイルスを身内に感染させてしまう。はたして、対処法はあるのだろうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい