競輪でビギナーズラックも最後は…? 作家・黒川博行、白川道との思い出 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

競輪でビギナーズラックも最後は…? 作家・黒川博行、白川道との思い出

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、いまは亡き盟友と競輪の思い出について。

*  *  *
 黒い川を渡って博打(ばくち)に行く──。

 デビューしたころ、何人かの編集者にいわれた。

「凝ったペンネームですね」と。別に凝ってはいない。本名だから。

 わたしに博行という名をつけた船乗りの父親は、若いころ花札に負けすぎて、左の上腕に『花禁』というタトゥーを入れていたほどの博打好きだったが、もしかして、その血をひいたのだろうか。父親とは小学生のころから賭け将棋をし、中学生になると、ほとんど負けることがなくなった。いま思うと、父親の将棋はアマの一級くらいだったろう。高校生のころは一局・五百円で指し、あまりに勝ちすぎると怒りだすから、たまにはわざと負けるようにした。

 わたしが芸大に行って京都に下宿していたころ、父親は所有していた内航タンカーを売って船舶ブローカーになり、暇を持て余したのか、賭場に出入りしはじめた。本人はいわなかったが、行くたびにサラリーマンの月給くらいは負けていたと思う。

 芸大を出て大手スーパーに就職したころ、父親に誘われて賭場に行ったことがある(ふつう、子供をそんなところに連れていくか)。種目は花札を使ったカブだったが、フダごとの博打にはイカサマがつきものであり、そんなもので素人がプロに勝てるわけがない。わたしはずっと見(ケン)をして金は賭けず、父親を残して帰ったが、その一回だけの賭場見物がギャンブル小説を書く上で役立った。

 賭場のほかに一回だけ経験したのは競輪だった。

 2002年に立川で開催された“第55回日本選手権競輪”──。いまは亡き盟友イオリン(藤原伊織)とトオちゃん(白川道)とさる会社社長とわたしの四人が、トオちゃんの顔で五階の貴賓室に通された。窓際の席には液晶テレビがずらりと設置され、広大なレース場が一望できた。

「へーえ、トオちゃんはいつもこんな豪華なとこで馬券を買(こ)うてんの」

「馬券じゃない。車券」「で、今年の戦績は」「○○○万はやられてる」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい