スノボとスケボーの二刀流 リスクを冒してまで挑む平野歩夢の信念

2020東京五輪

2020/01/07 11:30

 2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する連載「2020の肖像」。第14回は、前例のない二刀流に挑む平野歩夢(21)。スノーボードの男子ハーフパイプでは、五輪2大会連続で銀メダルを獲得。2018年秋、20年東京五輪の新競技・スケートボードのパークに挑むことを表明した。両種目とも中途半端になってしまうリスクは小さくない。それでも挑戦する理由を、朝日新聞社スポーツ部・吉永岳央氏が探る。

あわせて読みたい

  • 「スケボーは僕を強くした」 スノーボーダー・平野歩夢の二刀流の挑戦

    「スケボーは僕を強くした」 スノーボーダー・平野歩夢の二刀流の挑戦

    AERA

    8/11

    平野歩夢がスノボとスケボーの“二刀流”を決断した理由

    平野歩夢がスノボとスケボーの“二刀流”を決断した理由

    AERA

    12/24

  • 「さすが平野歩夢」スノボ銀メダリストが東京五輪出場濃厚?

    「さすが平野歩夢」スノボ銀メダリストが東京五輪出場濃厚?

    週刊朝日

    3/27

    スノボで銀の平野を見守ってきた高橋さん「1日7時間近く、300本滑ることもざら」

    スノボで銀の平野を見守ってきた高橋さん「1日7時間近く、300本滑ることもざら」

    週刊朝日

    2/14

  • 平野歩夢が日本人5人目の夏冬五輪出場 失うものがあっても二刀流にこだわった理由【一問一答】

    平野歩夢が日本人5人目の夏冬五輪出場 失うものがあっても二刀流にこだわった理由【一問一答】

    AERA

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す