又吉直樹が語る沖縄のルーツと『人間』

2019/11/28 10:00

 又吉直樹さん(39)の新作『人間』(毎日新聞出版)は初の長編小説で、「ハウス」と呼ばれる共同住居で暮らし、何者かになろうとあがいた若者たちのその後を描いた。2015年に芥川賞を受賞した本格的なデビュー作『火花』、映画の劇場公開が発表になった『劇場』に続く3作目。芸人と作家の「二刀流」を続けながら、尽きることのない創作意欲の源に迫った。

あわせて読みたい

  • 嵐山光三郎「又吉直樹と太宰治」

    嵐山光三郎「又吉直樹と太宰治」

    週刊朝日

    9/18

    又吉直樹の最新作タイトル 「人」ではなく「人間」の2文字に込めた思いとは

    又吉直樹の最新作タイトル 「人」ではなく「人間」の2文字に込めた思いとは

    AERA

    10/26

  • 芥川賞・又吉の陰に「ハンバーガー屋で原稿依頼」の女性編集者

    芥川賞・又吉の陰に「ハンバーガー屋で原稿依頼」の女性編集者

    週刊朝日

    7/23

    又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり

    又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり

    AERA

    4/13

  • 【「本屋大賞2016」候補作紹介】

    【「本屋大賞2016」候補作紹介】"国民的"小説『火花』は誰でも楽しめる純文学!?

    BOOKSTAND

    2/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す