「聖なるものへの畏怖心」を持つ大切さ 医師・帯津良一が説く

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2019/11/25 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「宗教との付き合い方」。

あわせて読みたい

  • 「宗教がかっている」と言われ…帯津医師が自分の「信仰心」を明かす
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「宗教がかっている」と言われ…帯津医師が自分の「信仰心」を明かす

    週刊朝日

    11/30

    宗教嫌いの帯津医師 30年以上観音さまを崇める深い理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    宗教嫌いの帯津医師 30年以上観音さまを崇める深い理由

    週刊朝日

    11/16

  • 帯津医師が谷川俊太郎の詩に共感「虚空を身近に感じさせる力がある」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師が谷川俊太郎の詩に共感「虚空を身近に感じさせる力がある」

    週刊朝日

    11/1

    座禅で死に至ることも? 帯津医師が勧める「時空」という気功
    筆者の顔写真

    帯津良一

    座禅で死に至ることも? 帯津医師が勧める「時空」という気功

    週刊朝日

    11/22

  • 他力のほうが長生き? それでも“攻めの養生”に自力が必要な理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    他力のほうが長生き? それでも“攻めの養生”に自力が必要な理由

    週刊朝日

    3/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す