原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性

2019/10/14 17:00

 原発訴訟で原告勝訴を決めた、たった3人の裁判長――その苦悩を描いたのが『原発に挑んだ裁判官』(朝日文庫、著・磯村健太郎、山口栄二、660円)だ。元京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏が評論する。

あわせて読みたい

  • 判決に関電欠席 大飯原発の住民勝訴が裁判官に与える衝撃

    判決に関電欠席 大飯原発の住民勝訴が裁判官に与える衝撃

    週刊朝日

    5/29

    定年を目前に控え、伊方原発の運転停止命令を下した裁判官の素顔とは?

    定年を目前に控え、伊方原発の運転停止命令を下した裁判官の素顔とは?

    dot.

    12/16

  • 室井佑月「裁判長は定年間際に限る」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「裁判長は定年間際に限る」

    週刊朝日

    1/30

    大飯原発差し止め判決に推進派が反論しない理由
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    大飯原発差し止め判決に推進派が反論しない理由

    週刊朝日

    6/17

  • 高浜原発再稼働ストップ 原子力ムラvs.反原発弁護団の闘い

    高浜原発再稼働ストップ 原子力ムラvs.反原発弁護団の闘い

    週刊朝日

    4/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す