巨人・阿部の引退に「一流であればあるほど…」丸山茂樹が感慨 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・阿部の引退に「一流であればあるほど…」丸山茂樹が感慨

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

心から、お疲れさまでした (c)朝日新聞社

心から、お疲れさまでした (c)朝日新聞社

 丸山茂樹氏は、巨人の阿部慎之助選手の引退、自身の次の試合への意気込みなどを語る。

【写真】引退会見にのぞんだ阿部慎之助

*  *  *
 プロ野球巨人の阿部慎之助選手(40)が、今シーズン限りでの引退を決めました。スポーツメーカーのコンペで、年に1度は顔を合わせてましたね。

 巨人一筋で、ほんとに素晴らしい選手でした。2千本安打に400号ホームランですか。実績も申し分ないですけど、それ以上に、期待に応えられる選手だった気がします。「ここで打ってほしい」ってときによく打つ選手だったなという。スタメンでも代打でも、それは感じてました。

 40歳ですか。同じスポーツ選手として、分かるんだと思うんですね。これ以上は無理かな、というラインが。周りの人は「まだやれる」って言ってくれると思うんです。きっと。

 ただ、自分の体のことは自分が一番よく分かってるのがプロ。一流であればあるほど、この先も自分が通用するのかどうか分かるはずなんです。それなら後継者を育てるために指導したりだとか、解説に回ったりだとか、いろんな道があるんじゃないかというのは考えたんでしょうね。本当にお疲れさまでした。

 えー、先週号でも触れましたが、僕は国内シニアツアーの初戦で股関節を痛めて、「日本シニアオープン」を欠場しました。いろんな人に教わって自分でほぐしてみたら、結構よくなりました。「ほんとかなあ」なんて思いながら半信半疑でやってみたんですけど、すごくよくなりました。

 レギュラーツアーを回ってたころとは違って、普段からこまめには診てもらってないんですよね。当時は試合が終われば、月曜日に必ずマッサージに来ていただいたりとか、ケアしてもらいに行ってました。でもいまはそういうのは怠ってたんで、「なるほどなあ」と思いましたね。痛みは患部じゃなく、違うところからくることもあるんだなと。そういう意味ではまた勉強になりましたね。ハハハ。

 今年はもう、試合はないですね。スケジュール的にも無理なんで、来年です。またシーズンオフにゆっくり考えたいと思います。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい