松本動くも深まる混迷 大崎会長と政治の“蜜月”も注目

2019/07/29 18:46

 反社会的勢力が関わる“闇営業”問題を巡って、吉本興業はいまも混迷している。グダグダ会見で失った信頼はすぐに回復しそうもないが、岡本昭彦社長や大崎洋・吉本興業ホールディングス会長は続投。多くの芸人は主流派に逆らえず表向き会社批判を控えているが、不満は根強い。こうしたファンをしらけさせる展開の背景には経営トップの強い力がある。その力を支える源泉の一つが政治との蜜月ぶりだ。

あわせて読みたい

  • “加藤の乱”を鎮圧 吉本の大崎会長、岡本社長が強気な理由

    “加藤の乱”を鎮圧 吉本の大崎会長、岡本社長が強気な理由

    週刊朝日

    7/27

    「僕は残る」ロンブー田村淳が残留宣言 それでも吉本興業への逆風がやまない理由

    「僕は残る」ロンブー田村淳が残留宣言 それでも吉本興業への逆風がやまない理由

    週刊朝日

    8/1

  • 吉本お家騒動の勝者は明石家さんま? “お笑い怪獣”のもうひとつの顔

    吉本お家騒動の勝者は明石家さんま? “お笑い怪獣”のもうひとつの顔

    dot.

    8/11

    吉本を取材して20年、気がついた危険な兆候
    筆者の顔写真

    中西正男

    吉本を取材して20年、気がついた危険な兆候

    dot.

    7/30

  • 吉本「加藤の乱」新契約 若手が「絵に描いた餅」と大ブーイング

    吉本「加藤の乱」新契約 若手が「絵に描いた餅」と大ブーイング

    dot.

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す