北原みのり「法廷で息を吐くように性差別」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「法廷で息を吐くように性差別」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 そう。山口氏は、女性の弁護士に、とても態度が悪かった。嘲笑するように「何度も申し上げてますけど?」「意味がわからないんですけど」「は?」といった調子で答えることが多すぎた。人生で最も間違えてはいけない瞬間ですら、息を吐くように性差別的な振る舞いをする山口氏の迂闊(うかつ)さに、私は衝撃を受けた。ちなみに男性弁護士の反対尋問に、山口氏は気楽な感じで、むしろべらべらとしゃべりすぎていた。

 山口氏の弁護人は「普通は被害を語れない。オープンに語るあなたの目的は?」と言っていた。「議論されない限り法的システムは変わらない」と伊藤さんが答えれば、「議論じゃなくて、オープンに語るんですよね?」と半笑いな調子だった。

 性暴力は壮絶な性差別だ。行為も、その後の闘いも、性差別との闘いなのだと突きつけられた。それでも、諦めずに進み、一つひとつ扉を開けていくしかない。伊藤さんの闘いに、私も共にありたいと思う。

週刊朝日  2019年7月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい