【家つまみ】簡単&おいしい「甘酒プリン」 大人は“あまから”楽しんで 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】簡単&おいしい「甘酒プリン」 大人は“あまから”楽しんで

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#レシピ
甘酒プリン (撮影/写真部・松永卓也)

甘酒プリン (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
粉ゼラチンは水に振り入れてふやかしてから、火にかけた甘酒と牛乳に混ぜること。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
粉ゼラチンは水に振り入れてふやかしてから、火にかけた甘酒と牛乳に混ぜること。 (撮影/写真部・松永卓也)

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとつまみ」。今回は「甘酒プリン」。

*  *  *
 最近、おいしい甘酒を何本かいただきました。飲む点滴・甘酒はそのまま飲んでもいいですし、お料理にも使えるのでとても重宝します。幼い孫が家に遊びに来てくれたときは、甘酒とゼラチンで「甘酒プリン」を一緒に作ったりして……。びっくりするほど簡単にできますので、是非お試しください。

【作り方のワンポイントアドバイスはこちら!】

 上手に作るポイントは、粉ゼラチンを水に振り入れて、しっかりふやかすことです。そして火にかけた甘酒と牛乳にまんべんなく溶かすこと。ゼラチンのつぶつぶとした固まりができないように、木べらなどで丁寧にかき混ぜましょう。

 そして少し冷ましてから器に流しこみ、冷蔵庫へ。ここまでの作業をやってからお孫さんとお買い物などに出かけるとちょうどいいと思います。家に帰ってくる頃に甘酒プリンがいい感じで冷えていますよ。

 ゼラチンで作るのですから本当は「甘酒ゼリー」ですが、見た目が「ミルクプリン」ぽいので「甘酒プリン」。大人ははちみつとすりおろし生姜を少しのせて“あまから味”を、子どもははちみつ味を楽しんで。材料の牛乳をトマトジュースに変えてもおいしくできあがります。

(構成/赤根千鶴子)

■甘酒プリン
【材料】(6個分) 甘酒400ml、牛乳200ml、粉ゼラチン大さじ1、水大さじ2、はちみつ、すりおろし生姜適量

【作り方】(1)水大さじ2の中に粉ゼラチンを振り入れてふやかす。鍋に甘酒と牛乳を入れ、中火にかける。そこにふやかしたゼラチンを加え、ゼラチンがまんべんなく混ざったら火を止める。(2)粗熱が取れたら器に流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。(3)食べるときに、はちみつとすりおろし生姜をトッピング。

【ワンポイントアドバイス】粉ゼラチンは水に振り入れてふやかしてから、火にかけた甘酒と牛乳に混ぜること。

週刊朝日  2019年7月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい