川崎20人殺傷事件で注目される 引きこもり高齢化「8050問題」政府が置き去りにしたツケとは?

2019/06/04 11:01

 20人を殺傷し、自らも命を絶った岩崎隆一容疑者(51)。長期間引きこもりの状態で、川崎市で同居する高齢の伯父、伯母とは会話らしい会話もなかったという。80代の親と50代の引きこもりの子どもの家族が社会から孤立し、困窮する「8050問題」。国は見て見ぬふりをしていた。

あわせて読みたい

  • 川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    AERA

    6/11

    川崎殺傷事件、岩崎容疑者に起きた犯行“4カ月前の異変”とは?

    川崎殺傷事件、岩崎容疑者に起きた犯行“4カ月前の異変”とは?

    AERA

    6/3

  • 川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    dot.

    5/31

    川崎20人殺傷、元農水事務次官事件で浮かび上がる中高年引きこもりの深刻度

    川崎20人殺傷、元農水事務次官事件で浮かび上がる中高年引きこもりの深刻度

    週刊朝日

    6/4

  • 「安心して引きこもれる」仕組みづくりこそ、8050問題の解決策だ

    「安心して引きこもれる」仕組みづくりこそ、8050問題の解決策だ

    ダイヤモンド・オンライン

    6/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す