一日の始まりは麻雀から 直木賞作家・黒川博行、妻との接点は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一日の始まりは麻雀から 直木賞作家・黒川博行、妻との接点は?

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。初回のテーマは「黒い川を渡って博打に行く一日から語ろう」。

*  *  *
 令和になった。めでたいか。そうでもない。しかしながらめでたいような連載の第一回につき、黒い川を渡って博打に行くわたしの一日から語ることにする。

 わたしは昼の十二時ごろ起きる。枕元で寝ているオカメインコのマキも起きて、いっしょに隣室の仕事場へ行く。仕事場の八つの水槽で飼っているのはグッピーとサワガニで、この世話が三十分はかかる。まず水槽の底の水をポンプで吸って、ためおきの水を補充する。次にグッピーの稚魚をすくって、稚魚だけの水槽に移す。この時期は三十四匹前後の仔が産まれる(グッピーは卵胎生)から、けっこう手間がかかる。

 グッピーに餌をやり、サワガニにも餌をやったのち、マキに声をかける。「マキくん、めし食おか」

 そばで遊んでいたマキはわたしの肩にとまり、ふたりでダイニングに降りる。マキは移動するとき、“イクヨ イクヨ オイデヨ ゴハンタベヨカ”と鳴く。言葉の意味は分かっていないだろうが、そのときどきの状況でセリフをいうのはえらい。

 よめはんも十二時ごろ起きてきて台所に立つ。わたしは庭に出て池の金魚に餌をやり、九つの睡蓮鉢にいるメダカと去年産まれのこども金魚に餌をやる。池の金魚は毎年、一万個ほどの卵を産み、ほぼ同数の稚魚が孵化するが、幼魚になって冬を越すことができるのは百匹ほどか。それが自然の摂理なのだろう。

 そうしてダイニングにもどると、よめはんの手料理がテーブルに並んでいる。スープと大きな皿にいっぱいのサラダは定番で、あとは卵や魚、肉が出る。卵のほかはみんな昨日の晩飯の残りものだ。マキも同じテーブルで自分の餌を食い、パスタや素麺があるときは「寄越せ」という顔をするからソース抜きで少し食べさせる。マキは小さいころから麺類が大好きだ。

 昼飯が終わると、わたしは湯を沸かす。コーヒー豆を粉に挽き、フィルターで淹れながら皿を洗う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい