「オープナー」は日本に合わない? 思わぬ弊害とは?

2019/04/28 16:00

 本来リリーフ起用される投手が先発登板し、短いイニングを投げた後に本来の先発投手がロングリリーフとして継投する「オープナー」。昨季、大リーグのレイズが55試合で採用して話題となった。

あわせて読みたい

  • 結婚を発表した日本ハムの斎藤祐樹が今季正念場を迎えるワケ

    結婚を発表した日本ハムの斎藤祐樹が今季正念場を迎えるワケ

    週刊朝日

    1/23

    崖っぷちの日本ハム・斎藤佑樹が生き残る道は「オープナー」?

    崖っぷちの日本ハム・斎藤佑樹が生き残る道は「オープナー」?

    dot.

    3/2

  • 巨人・上原にも適正あり  MLB流行の「オープナー」で活躍しそうなのは?

    巨人・上原にも適正あり  MLB流行の「オープナー」で活躍しそうなのは?

    dot.

    5/9

    新庄ビッグボス・日本ハムが開幕3連敗も…他球団は「予想以上に強い」と警戒

    新庄ビッグボス・日本ハムが開幕3連敗も…他球団は「予想以上に強い」と警戒

    dot.

    3/29

  • 斎藤佑樹、安楽智大、オコエ瑠偉、清宮幸太郎…プロで伸び悩む「甲子園スター」たち

    斎藤佑樹、安楽智大、オコエ瑠偉、清宮幸太郎…プロで伸び悩む「甲子園スター」たち

    週刊朝日

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す