北原みのり「怒っていいことだったんだ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「怒っていいことだったんだ」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 この問題について、ここ1カ月、私はできる限り多くの人と話してきた。自分の勉強不足も思い知りながら、まずは、今感じていることをいろんな人とシェアしたいという思いで、4月11日にスタンディングを友人たちと呼びかけた。10人でもいい、報じられなくてもいい、花を持って集って、声を出せない人、声を出したくない人にも、声、花を届けたいと呼びかけた。

 蓋をあけてみて、驚いた。開始30分前には、もう人が集まり始めていた。声をかけた30代の女性は、岡山からこのために来たという。「今まで自分がされてきたことって、怒っていいことだったんだって、思って」。いてもたってもいられず、来たと話してくれた。それからが大変だった。続々と花を持つ人、花柄のスカートをはいた人など、約400人(メディアの人が数えてくれた)が集まったのだ。そして声が声を呼ぶように、私たちは2時間にわたり、話した。「急に話したくなりました」とマイクを握った高校生もいた。寒い4月の夜、東京のど真ん中で、私たちは泣きながら、時に笑ったりしながら、声を聞いた。話したのだ。

 この日、ツイッターのトレンドに#WithYouが入ったという。性被害を訴える#MeTooに寄り添う声だ。まずはおかしなことにおかしい、と言える。そういうことをこの晩、私たちは確かめ合ったのだと思う。日本も、変わっていける、変わりたい、そんな希望を花を握りながら確かめたのだと思う。

週刊朝日  2019年4月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい