草食男子だったけど!? 宇崎竜童、阿木曜子との運命の出会い (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

草食男子だったけど!? 宇崎竜童、阿木曜子との運命の出会い

中村千晶週刊朝日
宇崎竜童(うざき・りゅうどう)/1946年、京都府生まれ、東京育ち。明治大学の軽音楽部で妻・阿木燿子さんと知り合い、71年に結婚。73年に「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。その後も作曲家として多くのアーティストに曲を提供している。82年に映画「TATTOO(刺青)あり」(高橋伴明監督)に主演するなど、俳優としても活躍。新作映画「波乗りオフィスへようこそ」(4月19日〈金〉から全国順次公開)では徳島県美波町の漁師役を演じている (撮影/写真部・小原雄輝)

宇崎竜童(うざき・りゅうどう)/1946年、京都府生まれ、東京育ち。明治大学の軽音楽部で妻・阿木燿子さんと知り合い、71年に結婚。73年に「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。その後も作曲家として多くのアーティストに曲を提供している。82年に映画「TATTOO(刺青)あり」(高橋伴明監督)に主演するなど、俳優としても活躍。新作映画「波乗りオフィスへようこそ」(4月19日〈金〉から全国順次公開)では徳島県美波町の漁師役を演じている (撮影/写真部・小原雄輝)

宇崎竜童さん (撮影/写真部・小原雄輝)

宇崎竜童さん (撮影/写真部・小原雄輝)

 いいところのボンボン……いや、そこまでお坊ちゃまじゃないですけどね。子ども時代は中高一貫校に通って、目標は「安定した職業に就くこと」。そのレールに乗って、大学まで進んでたんです。

――大学では軽音楽部に所属。入部に来た阿木さんを一目見て「あ、嫁が来た!」と見初めた話は有名だ。

 阿木の僕の最初の印象は「蚊トンボのような男」だったって。最初のデートのとき、渋谷で待ち合わせてお茶を飲みに行ったんです。そのとき「ビルの下で風に吹かれて、たなびいている」と思ったって(笑)。当時175センチで体重50キロくらい。本当にひょろひょろでしたよ。

 おやじも僕のことを「ひょうろく玉」と言ってた。どういう意味だかわからなかったけど、フラフラと頼りない、という意味なのかな。いまで言う「草食系男子」だったんでしょうか。

 阿木は最初、まったくピンとこなかったみたいですけどね。1年間はクラブのみんなで団体行動をしてたんですが、ついに我慢ができなくなって「渋谷で会いましょう」と。大学2年から付き合い始めました。

 最初から「俺たち、結婚することになってるから」って彼女に言ったんです。好みのタイプだった以前に「あ、今世でやっと巡り合えたな」と思ったんですよね。きっとこの人とは前世、前々世でも出会ってる。でも添えなかった。その運命がようやく巡って「うわ! きたあ!」って感覚が濃厚にあった。「これはもう神様が決めたことだから」って言い続けてました。向こうはずっと「そうかしら?」って顔でしたけど、会うたびに「結婚しよう、しよう」って言うから最後には両方の親が「ソロソロ」と言いだしたんだよね。

――軽音部時代から、阿木さんの書く詞に曲をつける共同作業は始まっていた。だが、大学を卒業した二人は、しばらく別の仕事に就く。

 僕は曲を書きたいと思っていて、大学を卒業するまでの3年間で「1日1曲書く」というノルマを自分に課したんです。瞬間的に曲を書ける人間じゃなきゃプロになれない、と思っていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい