アガサ・クリスティー“最高傑作”、初映画化 LiLiCo「ラストに声が出る!」

2019/04/21 07:00

「ねじれた家」が4月19日から全国公開される。アガサ・クリスティー自身が最高傑作と称した原作を、世界的大ヒットテレビドラマシリーズ「ダウントン・アビー」の企画・製作総指揮・脚本を担当したジュリアン・フェロウズが脚色。名作「サラの鍵」のブレネールが監督した。

あわせて読みたい

  • “最強で最凶”の米・副大統領 世界をめちゃくちゃにした男の実話映画とは?

    “最強で最凶”の米・副大統領 世界をめちゃくちゃにした男の実話映画とは?

    週刊朝日

    4/6

    映画評論家4人が満点評価! 現代版クリスティー風「本格ミステリー」

    映画評論家4人が満点評価! 現代版クリスティー風「本格ミステリー」

    週刊朝日

    2/10

  • 大人になれない3人の男と女が描く未来図は?

    大人になれない3人の男と女が描く未来図は?

    週刊朝日

    6/8

    黒人刑事が白人至上主義団体に潜入! 「マルコムX」監督、渾身の新作

    黒人刑事が白人至上主義団体に潜入! 「マルコムX」監督、渾身の新作

    週刊朝日

    3/24

  • LiLiCoも「先が気になって仕方がない」と絶賛! “禁断愛”を描いた映画

    LiLiCoも「先が気になって仕方がない」と絶賛! “禁断愛”を描いた映画

    週刊朝日

    10/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す