床屋でビール、バーのある花屋 多様化進む複合型飲食店が人気 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

床屋でビール、バーのある花屋 多様化進む複合型飲食店が人気

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅井秀樹週刊朝日
カフェと床屋が融合した福岡市の「メリケンバーバーショップ」(同店提供)

カフェと床屋が融合した福岡市の「メリケンバーバーショップ」(同店提供)

 一つの店に他業種が併存する「複合型飲食店」が各地でオープンしている。

 福岡に1年前、ニューヨーク・スタイルの床屋が開店した。米国でカフェと融合した床屋(バーバー)が注目されており、これを日本に持ち込み、バーラウンジを併設した「メリケンバーバーショップ」だ。

 お客さん同士がつながっていく床屋にするために「お酒があった方がいい」と経営者の結野多久也さんは考え、サロンのような空間をつくろうとした。顧客は30代の男性が中心で、月に数回、大規模なパーティーも開いているという。今後は「ブランド力を高め、神戸や東京、アジアにも展開したい」と話す。

 コインランドリーとカフェの併設店は、都内の会社に勤める30代の女性たちには好評なようだ。

「カフェで時間をつぶせて休日の家事が楽しいお出かけにつながります」

「コインランドリーにカフェの店員さんが常にいると、変な下着ドロボーも減りそう」

 変わった組み合わせではバーのある花屋やボウリング場、カフェのあるジムや洋服店、瀬戸物店、自動車販売店、パチンコ店などもある。ガソリンスタンドにはカフェやピザ店を併設したものもある。

 山口銀行は油谷支店(山口県長門市)を改装してスペイン料理のバルスペースを併設し、従来の金融機関にないアットホームな相談の場を提供すると2月に発表している。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい