古賀茂明「塚田国交副大臣の“忖度”更迭でわかった昭和の利権政治の復活」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2019/04/08 07:00

塚田一郎国土交通副大臣が4月5日、辞任した。本州と九州を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)の事業化調査をめぐる「忖度」発言の責任をとったものだ。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す