ツアー初優勝選手に「自分のゴルフを確立して」と丸山茂樹がエール (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ツアー初優勝選手に「自分のゴルフを確立して」と丸山茂樹がエール

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

コースのせせらぎ  (撮影/堀井正明)

コースのせせらぎ  (撮影/堀井正明)

 丸山茂樹氏はプロ13年目でツアー初優勝した額賀(ぬかが)辰徳選手に、アドバイスをおくる。

*  *  *
 講演のお仕事で北海道へやって参りました。まだ暖かい日もある東京から来ると、寒いなんてもんじゃないですね。

 まず岩見沢市で会社経営者の方々を相手にしゃべらせていただいたんですけど、主催のみなさんに温かく迎えていただいて。岩見沢のソウルフードだっていう「こぶし」をいただきました。お菓子です。細長いバウムクーヘンの中にあんこが入ってて、甘い物好きの僕にはたまらない一品でした。めちゃくちゃおいしかったなあ。旅に出ると、そういう新たな発見がうれしいですよね。

 さて国内男子ツアーの「三井住友VISA太平洋マスターズ」(11月8~11日、静岡・太平洋C御殿場)はプロ13年目の34歳、額賀(ぬかが)辰徳がツアー初優勝を飾りました。やっと来ましたねえ。

 日本屈指の飛ばし屋と言われながら、あっという間にプロで10年以上経っちゃって。シードには2回入ったけど、すぐ落ちてしまう。僕も一度彼と回ったんですけど、ポテンシャルは日本でもナンバーワンに近いと感じました。飛距離だけじゃなくてね。だけど自分のゴルフの組み立てがなかった。それに自分の10あるポテンシャルの中で6、7、8、9、10という段階をね、体の中に刻み込めてないなという印象だったんです。やっぱりそこがアレンジきかないと、全部を10で振っちゃったんではダメですから。

 これは突発的な優勝ですから、しっかり実績を積み重ねていかなきゃいけないですよね。これだけの大器なんだから、自分の中で「額賀のゴルフ」を確立しないといけないです。

 この優勝を最大限に生かす何かを自分で発掘しておかないと、次はないと思います。もしそこをしっかり考えられたら、ポンと強くなった瞬間、世界へ出て行っても「おおー」と思われるような選手になれるポテンシャルはある。ほんとに頑張ってもらいたいという希望でいっぱいですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい