米ツアー出場決定の18歳・山口すず夏 丸山茂樹「頼もしい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米ツアー出場決定の18歳・山口すず夏 丸山茂樹「頼もしい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

すず夏ちゃん、やりましたね (c)Getty Images

すず夏ちゃん、やりましたね (c)Getty Images

 丸山茂樹氏はアメリカツアーの出場権を手にしたアマチュアゴルファー・山口すず夏を称賛する。

【山口すず夏さんの写真はこちら】

*  *  *
 テレビ解説の仕事で、秋の沖縄へ行ってきました。国内男子ツアー「平和PGM選手権」(11月1~4日、沖縄・PGMゴルフリゾート沖縄)です。3日目が雨で中止になって54ホールに短縮して争われました。そりゃもう、ビックリするような台風みたいな雨でしたねえ。

 南アフリカのショーン・ノリス(36)が鮮やかすぎる逆転優勝を飾りました。トップの片岡大育(30)を1打差で追って迎えた最終18番ホール。セカンドショットで6メートルにつけ、イーグルパットを決めました。あのイーグルは絵に描いたような「スリーグッドショット」でしたね。完璧なイーグルでした。

 逆転での今シーズン初勝利に涙を流したノリス。10月に息子が生まれたばかりで、お父さんは闘病中。「息子と父のために勝ちたかった」とインタビューに答えてました。いろんな思いがありながらの優勝だったから、感極まったんでしょうね。それにしてもほんとに素晴らしい、劇的な優勝でした。

 女子では日米共催の「TOTOジャパンクラシック」(11月2~4日、滋賀・瀬田GC北C)で、19歳の畑岡奈紗ちゃんが米ツアー2勝目を挙げました。強いですねえ、彼女は。スコアのつくりかたを見てるとね、最終日にああいうビッグナンバーで回ってこられるってのは、メンタルが相当に強いんだなと思いますね。

 彼女のコメントにグリーン周りの技術に関して、「アメリカで覚えました」って言葉がありました。いろんなことが勉強になってるんでしょうね。アメリカの難しいゴルフ場で苦しみながら、得るものも大きいはずなんです。

 同じく女子の話です。来シーズンのアメリカツアー出場権をかけた最終予選会で、アマチュアで18歳の山口すず夏ちゃん(共立女二高3年)が見事に出場権をゲットしました。すごいですね。

 2020年の東京オリンピックに出たくて、より効率的にポイントを手にするために米ツアー進出を狙ったみたいですね。頼もしいじゃないですか。彼女はマルジュニアにも何回か出てくれて、そのあとも会うとしっかり話をしてくれる子です。マルジュニアを経験した人に、こうやってどんどん世界へ羽ばたいてほしいですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい