ハンバーガー、フライドチキン味のカップラーメンを食べてみると… (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハンバーガー、フライドチキン味のカップラーメンを食べてみると…

緒方麦週刊朝日
「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA ハンバーガー味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」(東洋水産提供)

「MARUCHAN QTTA フライドチキン味」(東洋水産提供)

ハンバーガー味を実食。チーズ風味の濃厚スープが圧巻だった(撮影/大塚淳史)

ハンバーガー味を実食。チーズ風味の濃厚スープが圧巻だった(撮影/大塚淳史)

 もちもちした麺をのどに通す前に、スープを口に含んでみた。

「しょっぱい!うまい!」

 歓喜である。チーズの濃厚な風味、そしてのどに残るスパイシー感。これは好みの味だ。

 具材の肉は、弾力が物足りないが、香ばしさとしょっぱい味付けはハンバーガーのパテの特徴が出ている。

 麺、スープ、具材と、それぞれおいしかったが、それを凌駕するのが濃厚なスープの存在感だ。

 ハンバーガーの味を楽しむにはやや無理があるように思えた。だが、その濃厚さが拍車をかけて「くった……」という満足感を味わえるのは確かだ。

 お次はフライドチキン味に挑戦。こちらも開封時の香りにやられた。

「フ、フライドチキンだ!」

 フライドチキン味は香辛料のスパイシーな風味と香ばしさのあるチキンの風味を利かせたという。

 お湯を入れ、カップの前でじっと待つこと3分。スープを一口飲んでみた。

「あれ?」

 あまり特徴的な味がしない。香りはフライドチキンを彷彿とさせるが、味は香辛料のスパイシーさを少し感じるだけ。ハンバーガー味に比べればあっさりしている。麺は同じ幅広麺で、腹にずっしりとくる。

 具材はフリーズドライのフライドチキン、コーン、赤ピーマン。チキンは食感や味ともにあまり”らしさ”は感じない。

 だが、香りはフライドチキンそのもので、ついついかき込んでしまう。

 ハンバーガー味はチーズ感が強い。むしろチーズバーガー味としてもいいのではないか、と思った。

 フライドチキン味は、香りが完璧。次回食べるときはお湯を少なく注いでみよう!

 いずれにせよ、物珍しさは裏切らなかった。一見ならぬ、”一食”の価値ありだ。(本誌・緒方麦)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい