きらめく水辺で残暑を楽しむ! おすすめスポット5選 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きらめく水辺で残暑を楽しむ! おすすめスポット5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日
目の前に沢が流れる「小太郎茶屋」。気温30度超えの真夏日でも、茶屋付近の温度は20度前後

目の前に沢が流れる「小太郎茶屋」。気温30度超えの真夏日でも、茶屋付近の温度は20度前後

 すっかり秋めいてきたけれど、まだまだ暑い日も……。そんなときこそ、ゆったり水辺を満喫できる静かなスポットに出かけてみては。

【写真特集】まるで海に浮かぶよう? 水辺カフェを大特集

■小太郎茶屋(栃木県那須塩原市)

――渓流沿いで しっとり楽しむ 草だんご

 箒川にそそぐ沢にある「小太郎ケ渕」のすぐそばで、140年以上前から営業している甘味処。気温30度超えの真夏日でも、茶屋付近の温度は20度前後。現在の店主は4代目。名物は天然のヨモギを使った手作りの「草だんご」(400円、以下価格はすべて税込み)。「きのこうどん・そば」(各700円)など軽食メニューも充実。11月ごろからは紅葉も楽しめる。

■小来川 山帰来(栃木県日光市)

――豊かな川を目前に 手打ちそばを堪能

 観光地から離れた山村にたたずむそば店。晴れた日には、窓の先で川面がきらめく。イチオシは「二八もりそば 小来川」(900円)。暑い季節には、香りがさわやかな「冷やし酢橘そば 涼香」(1300円)も人気。店主が自ら畑で育てたそばから作った粉を使っている。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい