貴乃花親方の“自爆テロ”の勝算と相撲協会の誤算 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貴乃花親方の“自爆テロ”の勝算と相撲協会の誤算

このエントリーをはてなブックマークに追加
岸本貞司週刊朝日

角界を去る決意を固めた貴乃花親方(c)朝日新聞社

角界を去る決意を固めた貴乃花親方(c)朝日新聞社

またもやかき乱された八角親方(c)朝日新聞社

またもやかき乱された八角親方(c)朝日新聞社

「あれはイジメだよ。相撲界は惜しい人材をなくした。取り返しがつかない」

「いやいや、大人げない行為を繰り返して周囲の反感を買って孤立し、辞めさせられる、と思い詰めた結果だから。説得しようとした親方もいたのに電話に出なかったそうだし、どうしようもない」

【写真】またもやかき乱された八角親方

 空前絶後の若貴ブームを巻き起こした平成の大横綱・貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出したことで、角界関係者からは様々な声が漏れ聞こえてくる。

 協会は7月、すべての親方は五つある一門のいずれかに所属するように決めていた。その締め切りは9月27日。消滅した旧貴乃花一門の親方と無所属の親方たちは所属先が決まったが、9月場所が終わっても貴乃花親方だけ所属先が決まっていなかった。

「かつて所属していた二所ノ関一門に千賀ノ浦親方(元・隆三杉)が働きかけ、『2年後には(理事長選に)立ちません』と誓約書を書くと言っても認められなかった。強硬に反対したのは高田川親方(元・安芸乃島)で貴の兄弟子ですが、2人は仲が悪いんです。全親方の一門所属を義務付けたのは公益法人としてのガバナンス強化と協会側は説明していますが、本音は“貴の乱”を再び起こさせないために囲い込もうとしたわけです。9人の親方の合流を認めた二所としては、ひさしを貸して母屋を取られることを恐れたんでしょう」(ベテラン記者A)

 意外だが、騒動の発端で、引退した日馬富士が所属していた伊勢ケ浜一門も貴乃花親方の合流を検討していたという。

「相撲ファンなら、なぜ伊勢ケ浜親方(元・旭富士)が?と思いますよね。次の理事選に向けて1票上乗せしたかったという判断だったようです(笑)。朝日山親方(元・琴錦)が『ウチに来なさい』と声をかけ、本人も同意したそうですが、横綱白鵬を抱える宮城野親方らが強硬に反対し、結論が出なかった。八角理事長(元・北勝海)預かりで高砂一門で面倒を見たら、という話もあったんですが」(ベテラン記者B)

 角界OBはこう語る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい