認知症の最大リスク因子は「難聴」 なぜ関係するのか?

シニア

2018/09/07 07:00

 年をとると、どんな人でも耳が遠くなる。75歳以上では約7割が難聴という調査結果もある。しかし、それを「年だから仕方がない」とそのまま放置していると、思わぬリスクを招くことをみなさんはご存じだろうか? 週刊朝日ムック「『よく聞こえない』ときの耳の本」によれば、最新の研究では、聞こえの低下が認知症と関係していることが明らかになってきているという。

あわせて読みたい

  • 早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    週刊朝日

    4/1

    難聴は認知症の「予防可能な最大因子」だった…耳が遠いと脳にも影響が出る理由

    難聴は認知症の「予防可能な最大因子」だった…耳が遠いと脳にも影響が出る理由

    dot.

    1/1

  • 難聴は認知症のリスクに!『「よく聞こえない」ときの耳の本』出版記念講演会/10月30日(水)@東京

    難聴は認知症のリスクに!『「よく聞こえない」ときの耳の本』出版記念講演会/10月30日(水)@東京

    お知らせ

    9/26

    「耳が遠い人」に認知症リスクあり 医師が解説

    「耳が遠い人」に認知症リスクあり 医師が解説

    週刊朝日

    3/6

  • メタボが耳の「聞こえ」に悪い!? 専門医が教える「耳にいい」6つの習慣

    メタボが耳の「聞こえ」に悪い!? 専門医が教える「耳にいい」6つの習慣

    週刊朝日

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す