データで見る“死”の県民性 老衰1位はどこ?

ヘルス

2018/09/03 07:00

 2017年に亡くなった人は、全国で約134万人と戦後で最も多かった(厚生労働省「人口動態統計」)。戦前も含めると、悪性インフルエンザ「スペインかぜ」が猛威を振るった1918年(約149万人)、20年(約142万人)に次いで多い。

あわせて読みたい

  • “大往生”は長野、婚姻は北海道勢…“生き残れる”市区町村はどこだ!

    “大往生”は長野、婚姻は北海道勢…“生き残れる”市区町村はどこだ!

    週刊朝日

    8/2

    東日本でがんの罹患率1位は秋田県 いちばん少ないのは?

    東日本でがんの罹患率1位は秋田県 いちばん少ないのは?

    週刊朝日

    8/25

  • 「コロナで注目!在宅医療ガイド」 往診してくれる診療所全国1518件を掲載

    「コロナで注目!在宅医療ガイド」 往診してくれる診療所全国1518件を掲載

    10/14

    知っておきたい“人の亡くなり方” 自宅で看取る方法

    知っておきたい“人の亡くなり方” 自宅で看取る方法

    週刊朝日

    10/13

  • 青森県民はなぜ死亡率1位? 「糖尿病」「高血圧」にかからない県は…

    青森県民はなぜ死亡率1位? 「糖尿病」「高血圧」にかからない県は…

    週刊朝日

    6/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す