がんを罹患しても避けたい「引きこもり」 建築家・安藤忠雄さんに元気づけられる理由 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がんを罹患しても避けたい「引きこもり」 建築家・安藤忠雄さんに元気づけられる理由

連載「治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生」

このエントリーをはてなブックマークに追加
石弘光週刊朝日

石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

一橋大学独自のゼミナール制度のもと、石ゼミの教え子たちと志賀高原でスキーを楽しむ。がん発覚の3カ月前、2016年3月に撮影

一橋大学独自のゼミナール制度のもと、石ゼミの教え子たちと志賀高原でスキーを楽しむ。がん発覚の3カ月前、2016年3月に撮影

 一橋大学名誉教授の石弘光さん(81)は、末期すい臓がん患者である。しかも石さんのようなステージIVの末期がん患者は、5年生存率は1.4%と言われる。根治するのが難しいすい臓がんであっても、石さんは囲碁などの趣味を楽しみ仲間と旅行に出かけ、自らのがんを経済のように分析したりもする。「抗がん剤は何を投与しているのか」「毎日の食事や運動は」「家族への想いは」。がん生活にとって重要な要素は何かを連載でお届けする。

【写真】がん発覚直前にゼミの教え子と楽しんだ志賀高原スキー

*  *  *
 社会とのつながりを大切に がんに関連した文献を読むと、がん治療としてよく免疫力を高めることが重要だと強調されている。このためには身体を動かすことが重要となり、自宅でじっとしていてはダメで、機会を見つけて積極的に外で活躍することが勧められている。がんは罹患してもかなり病状が悪化するまである程度の期間、通常の日常生活はできるはずである。そこでがん患者として重要なことは、公私にわたり社会とのつながりをできるだけ維持することだろう。

■心の張りを保つためにも、仕事は続ける

 2016年6月にがんが見つかった時に、公職は完全に退いていわゆる定職を持っていないご隠居さんの状況であった。しかしながら、非常勤でまだかなり多くの仕事が残っていた。新潟大学や各種の財団の非常勤理事など10近い仕事が残っており、この公の仕事をどうするかが大きな問題であった。

 末期のすい臓がん患者となれば、世間の常識に従えば任期をまっとうできない可能性が大きいので、辞任を申し出るべきであったかもしれない。しかしながらその時、身体は全く健常者並みであったので、残りの任期1~2年なら十分にまっとうできそうな気がした。と同時に、やはりすべての公の仕事をやめてしまっては、心の張りがなくなり急速に老け込むのではないかと心配した。

 つまり公的に社会とのつながりを持つことが闘病の上でも重要と考えたからにほかならない。それ以来、新潟へ2カ月に1回は行くし、他の財団関係の会議にほぼ皆勤してきている。過去2年間を振り返ってみると、公の仕事を辞さないで本当によかったと思っている。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加