若い頃に浴び続けた紫外線は将来「負の年金」に! 知っておきたい「日焼け」の怖さ

ヘルス

2018/07/19 07:00

 一年で最も紫外線量が多い時期が7月から8月だ。直射日光に当たっていればわかりやすいが、日陰でも、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいる。そして肌を焼くだけでなく、人の美容や健康にさまざまな悪影響を及ぼす。不用意に紫外線を浴び続けるとどうなるか、皮膚科専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • 春からは紫外線の強さに要注意!今すぐ始めるべき3つのケア

    春からは紫外線の強さに要注意!今すぐ始めるべき3つのケア

    tenki.jp

    4/27

    日焼け止め剤は「2度塗り」 皮膚の専門医が教える効果的な使い方

    日焼け止め剤は「2度塗り」 皮膚の専門医が教える効果的な使い方

    週刊朝日

    7/21

  • それでも日焼けは皮膚の敵! 屋外スポーツの紫外線への注意を皮膚科医が語る
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    それでも日焼けは皮膚の敵! 屋外スポーツの紫外線への注意を皮膚科医が語る

    dot.

    8/6

    日焼け止めは「塗る」「かける」「飲む」どれを選ぶ? 皮膚科専門医の答えは

    日焼け止めは「塗る」「かける」「飲む」どれを選ぶ? 皮膚科専門医の答えは

    週刊朝日

    8/13

  • 皮膚科医に聞いた肌老化が進む「日焼け止めの選び方・塗り方」の落とし穴 春の紫外線こそあなどれない!

    皮膚科医に聞いた肌老化が進む「日焼け止めの選び方・塗り方」の落とし穴 春の紫外線こそあなどれない!

    セルフドクター

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す