体にマイクロチップも有効 地震で被災してもペットと生き抜く方法 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

体にマイクロチップも有効 地震で被災してもペットと生き抜く方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日#動物
熊本地震の被災地で診察中の獣医師の小川篤志さん(提供・アニコム損害保険)

熊本地震の被災地で診察中の獣医師の小川篤志さん(提供・アニコム損害保険)

「意外にもケガや病気になるペットは多くなかった。よく見られたのは、ストレスによる体調変化で下痢や食欲不振になるケース。被災地には、支援物資もかなり潤沢にありましたが、ペットは敏感です。いつもと違うごはんを食べるとおなかを壊すこともある」

 病気持ちのペットがいる場合は、きちんと病名や常備薬名を覚えておこう。

「『いつものお薬』とか『ピンク色です』。それでは、残念ながら薬はわかりません。ペットにはお薬手帳がありません。メモをしていてもいざとなると持っていけないこともあるので、記憶しましょう」(小川さん)

 物質的な備えとしては、玄関などにリードやキャリーケースなどを置いておくことだ。リードがないと、抱えて走ることになる。

「ペットを飼っているということ自体がマイノリティー。震災時には覚悟をもつことが必要です。避難所では、ふだんはカワイイと言われていたペットも時に『うるさい!』となってしまう。そのつど肩身の狭い思いをするのは飼い主です」

 震災時に起こり得る問題点を想像し、最低限の備えはしておこう。(本誌・大崎百紀)

週刊朝日 2018年7月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい