小林麻央さん命日 最期の場に自宅を選んだ「平穏死」の必要性

ヘルス

2018/06/22 07:00

 2017年6月22日に小林麻央さんが亡くなってから1年が経つ。幼い子どもたちや大切な家族、そして私たちにも多くのメッセージを残して旅立ったことは、いまもなお心に深く刻まれている。日本尊厳死協会副理事長で『「平穏死」10の条件』(ブックマン社)の著者、長尾和宏医師は今年1月、監修した週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん』(朝日新聞出版)の出版記念講演会で、小林麻央さんが自宅で平穏死を迎えた意義について語っていた。最期を自宅で迎えることとは――。講演の一部をお届けする。

あわせて読みたい

  • 2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    dot.

    3/12

    小林麻央さんの在宅医療が「最良の選択だった」理由 『平穏死』で話題の医師が解説

    小林麻央さんの在宅医療が「最良の選択だった」理由 『平穏死』で話題の医師が解説

    dot.

    12/30

  • 「無理な延命治療はやめたい」現場医師の本音

    「無理な延命治療はやめたい」現場医師の本音

    dot.

    3/8

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    週刊朝日

    11/30

  • 「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す