認知症も歌に! 高橋幸宏×鈴木慶一の化学反応が生んだ過激かつ大胆なアルバム (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症も歌に! 高橋幸宏×鈴木慶一の化学反応が生んだ過激かつ大胆なアルバム

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
ビートニクスとして5枚目となるオリジナルアルバムを出した鈴木慶一(左)と高橋幸宏

ビートニクスとして5枚目となるオリジナルアルバムを出した鈴木慶一(左)と高橋幸宏

THE BEATNIKSの新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』

THE BEATNIKSの新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』

 高橋幸宏と鈴木慶一のロック・ユニット、THE BEATNIKS(ザ・ビートニクス)の新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』が凄い! 卓越した演奏技術、明快な音像の素晴らしさに打ちのめされた。収録曲の随所に2人が親しんできた音楽へのオマージュが織り込まれ、それを解き明かす楽しみもある。

【新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』のジャケットはこちら】

 高橋はサディスティック・ミカ・バンド、YMO、鈴木ははちみつぱい、ムーンライダーズと、いずれも日本のロック史に残るグループで活躍してきた。それぞれソロ活動をしながら、高橋はpupaを経て、現在はMETAFIVEを率いる。鈴木はControversial Sparkを結成し、音楽プロデュースや映画音楽も手がけてきた。北野武監督の『座頭市』では、シッチェス・カタルーニャ国際映画祭(スペイン)最優秀音楽賞や日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。昨年公開の「アウトレイジ 最終章」でも日本アカデミー賞最優秀音楽賞に輝いた。

 ビートニクスの結成は1981年。当時としては斬新なテクノ/ニュー・ウェイヴ・サウンド、若者の風俗や日本人の中庸意識への怒りを表現した。アルバムの発表後、断続的に活動している。昨年5月、赤塚不二夫生誕80年を記念した「バカ田大学祭ライブ」への出演を契機に活動を再開し、7年ぶりに今回の新作を発表した。

 新作について、高橋は“小難しい曲、怒ってるふうな曲、やたら悲しい曲、少しほっこりする曲、そして、もちろんノリノリだったり、馬鹿な曲なんかとともに……”。鈴木は“このアルバムには、ロック、ポップ、テクノ、ニュー・ウェーヴ、エレクトロニカ、アヴァンギャルドからのイディオムとクォーテーションが大量にちりばめられてます。それらは高橋鈴木による本能的セッションから生まれました。予知的歌詞も含めて。お楽しみ下さい。次はいつかな”と語る。

 以前は、それぞれが単独で曲を作って歌うこともあったが、今回は全曲2人の共作。お互いのひらめきに任せ、片やピアノ、片やギターと、2人同時に違う曲を演奏しながら収録。“誰がどこを作ったのか、自分たちもわからなくなっちゃった”という。そんな2人を多彩なミュージシャンが支えて制作された。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい