春風亭一之輔 地域寄席の「修羅場」を思い出す (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔 地域寄席の「修羅場」を思い出す

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

とある地域寄席の打ち上げでの出来事(※写真はイメージ)

とある地域寄席の打ち上げでの出来事(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「会談」。

*  *  *
 私が前座の頃、とある地域寄席の打ち上げでの出来事。地域寄席とは落語好きな一般の方が催す、その地域に根付いた落語会のことです。わかりやすく言うと、地方在住の極端にポジティブな落語好きが「俺らの街にも落語家呼ぼうぜ! お前らも聴いてみろよ! めっちゃおもろいからよ! 一緒に呑めるし!」というようなアンダーグラウンドな秘密組織。

 某県のA落語会は30年以上続く老舗地域寄席。70代の席亭は元・落研で「本寸法の噺家しか認めん!」というゴリゴリの古典落語原理主義者です。

 そのA落語会の打ち上げに、隣町でやっているB寄席の席亭が現れたのです。B席亭は50代後半、古典だけでなく新作、色物さんも呼び、ここ10年ばかり落語会を催しています。B席亭は元々A落語会の会員だったのですが、引っ越しに伴いA落語会を抜け隣町にB寄席を起こした、いわば新興勢力。地方においてライバルの出現は、たとえ隣町でもお客さんの取り合いにつながります。AとBはここのところバチバチでした。

 打ち上げ場所に現れたB席亭に驚く会員たち。「私が呼んだんだよ」。A席亭は穏やかな口調で会員に説明しました。「修羅場だ……」。私の隣にいた会員さんがつぶやきます。そうか、それを察して出演者の師匠方は打ち上げに出ず帰っていったのか……。前座の私を置いて……。

 どちらの会にも出演したことがあり、なんとなくお互いのことを快く思っていないことも知っていた私。気まずい。B席亭は私に「去年はありがとうございました! またよろしくね! こないだも話したけど、やっぱり開口一番は本職の前座さんだと会が締まるよね!」と明るく言い放ちます。A落語会は開口一番に素人さんが一席披露します。と言っても主にA席亭が、いきなり二つ目クラスのネタをやり時間オーバーで下りてきて我々前座が尻拭いをするという……。酔っぱらってB寄席の打ち上げで私が愚痴ったことをばらすB席亭。余計なことを……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい