加護亜依が夫も知らない悩みを激白「詐欺サイトから請求が…」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加護亜依が夫も知らない悩みを激白「詐欺サイトから請求が…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
舞台「デスペラードを知ってるか?」に出演する加護亜依(中央)。社会不適合者集団「ボクらの罪団」が、2013年に解散した実力派劇団「クラゲ荘」の作品をリメイク (撮影/上田耕司)

舞台「デスペラードを知ってるか?」に出演する加護亜依(中央)。社会不適合者集団「ボクらの罪団」が、2013年に解散した実力派劇団「クラゲ荘」の作品をリメイク (撮影/上田耕司)

かわいい唇 (撮影/上田耕司)

かわいい唇 (撮影/上田耕司)

舞台のイメージソング「×××」も歌う加護 (撮影/上田耕司)

舞台のイメージソング「×××」も歌う加護 (撮影/上田耕司)

 元モーニング娘。の歌手でタレントの加護亜依(30)に本誌が単独インタビューした。

 カメラを向けると、「キス」や「ウィンクス」のポーズで応えてくれた。

【写真】すっかり大人の女性に!「キス」のポーズで応じる加護亜依

 12歳でデビューした「加護ちゃん」も、2月7日の誕生日で30歳となり、すっかり大人の女性に。

「30歳になると全然違います。レベルスリーに行くわけですから(笑)。私は30代が楽しみだったから、もう少し知的な部分も身につけたいです」

 下がったヒップもアップする「コアトレーニング」に励み、“美”を追求している。

 20代に離婚を経験したが、2016年8月に会社経営の男性と再婚してからは幸せいっぱいだという。5歳の長女と1歳の長男2人の子育てや家事に大忙しだそうだ。

「一番大変なのは洗濯です。子どもの食育には力を入れてます。娘はなんでも食べられるようになったんですけど、私に似てキュウリが苦手。マネしてるのかも」

 加護は3月7日から東京都豊島区南池袋の「シアターグリーン」で始まる舞台「デスペラードを知ってるか?」(演出・高橋俊次)にヒロイン役で出演する。

 刑務所で脱獄を企てる5人の男たちと加護演じるヒロインの物語。米国のアクションドラマ「プリズン・ブレイク」や映画「大脱走」のような脱獄シーンの演出を期待してしまうが……。

「あの手この手とありますけど」と、ネタバレを気にするのか、うまくかわされた。だが、こう続けた。「脱獄したお兄ちゃんの妹役なんですが、お兄ちゃんと絡むシーンが実はそんなにないんです。だから、稽古でもリアルにしゃべらないようにしています。血液型は同じAB型なんですが、実は性格が合わないだけなのかも(笑)」

 加護と言えば、今年1月14日放送のAbemaTVの討論番組「千原ジュニアのキンブ・オブ・ディベート」の生放送に出演。「死んだ時見られたらまずいモノは?」というテーマに、加護は、

「携帯電話に入っている主人も知らないアルバムのアプリ」と答え、サイトを検索しているうちに、身に覚えのない請求が届いたことも披露。これについてあらためて尋ねると、
「本当の話なんです。クレジット会社から連絡がきて……。数百万円にものぼる多額の請求になっているんです。確認してみたら、ぜんぜん知らないものを買っている。私がネットで開いちゃったサイトから感染したのか、スキャンされちゃったみたい。びっくりしました。悪徳詐欺みたいでしたから払ってませんけど」

 舞台を足がかりに、芸能活動にも本格復帰の兆しが見えてきた加護。爆笑トークをどんどん聴かせてください。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい