鈴木亮平の主演「まだ早い」と発言も 「西郷どん」脚本家が明かす舞台裏 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

鈴木亮平の主演「まだ早い」と発言も 「西郷どん」脚本家が明かす舞台裏

このエントリーをはてなブックマークに追加

中園ミホ(なかぞの・みほ)/1959年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告会社勤務、コピーライター、占師などを経て、88年にテレビドラマ「ニュータウン仮分署」で脚本家デビュー。2007年、「ハケンの品格」で放送文化基金賞を受賞。13年、「はつ恋」「ドクターX 外科医・大門未知子」で向田邦子賞と橋田賞をダブル受賞。主な作品に「不機嫌な果実」(97年)、「やまとなでしこ」(00年)、「スタアの恋」(01年)、「anego」(05年)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14年)など。NHK大河ドラマ「西郷どん」が放映中。(撮影/岡田晃奈、ヘア&メイク:三上宏幸(エムドルフィン))

中園ミホ(なかぞの・みほ)/1959年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告会社勤務、コピーライター、占師などを経て、88年にテレビドラマ「ニュータウン仮分署」で脚本家デビュー。2007年、「ハケンの品格」で放送文化基金賞を受賞。13年、「はつ恋」「ドクターX 外科医・大門未知子」で向田邦子賞と橋田賞をダブル受賞。主な作品に「不機嫌な果実」(97年)、「やまとなでしこ」(00年)、「スタアの恋」(01年)、「anego」(05年)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14年)など。NHK大河ドラマ「西郷どん」が放映中。(撮影/岡田晃奈、ヘア&メイク:三上宏幸(エムドルフィン))

 NHK大河ドラマ「西郷どん」で脚本を担当する中園ミホさん。原作者の林真理子さんとは長年の友人であり、「anego」「不機嫌な果実」「下流の宴」など、数々のヒットドラマを世に送り出してきたゴールデンコンビ。大河の裏舞台を林さんが伺いました。

*  *  *
林:いろんな人に聞かれると思いますが、脚本家ってどのぐらいキャスティングにかかわれるんですか。

中園:みんなで会議して決めます。それぞれが出してきた候補者の中から、どの人がいいかを。

林:最終決定は中園さん?

中園:違います。みんな私が鈴木亮平さんに入れあげて主役にしたと思っているみたいですけど、候補にあげたのは私ではないです。彼は「花子とアン」のオーディションで抜擢した俳優さんなので、親戚の男の子みたいな感覚があるんですよ。その分厳しく見ますから、「まだ早くないですか」って言いました。だけど「いいと思う」という演出家が何人かいたんです。

林:体もムクムク増量して、目つきも変わって、どんどん西郷さんになっていますよね。でも、中園さんぐらい売れっ子だと芸能人とのお付き合いも密なのかと思うと、「一線を引く」と言ってますよね。

中園:そうです、めったに食事とかしないです。「この役どうなるんですか?」と聞かれたら「もっと立ててあげなくちゃいけないかな」と思っちゃうし、はっきりと「僕をもっと立ててよ」って言う人もいますからね。そういうの聞いてたらきりがありません。

林:「今から飲みに来ない?」とか、ないんですか?

中園:ぜんぜんないですね。米倉涼子さんは飲むと楽しい人ですし、飲み友達として飲んだことはありますけど、それも(「ドクターX」の)1回のシリーズで一度ぐらい。それに私、あんまり現場に行かないんです。親しい俳優さんができちゃうと、やっぱりどこか肩入れしちゃうと思うので。

林:私も昨日ラジオの仕事でNHKに行ったけど、皆さんに気を使わせちゃうかなと思って撮影現場には寄らなかったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい