林真理子、『西郷どん!』印税で“幻の舞台”を応援? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

林真理子、『西郷どん!』印税で“幻の舞台”を応援?

このエントリーをはてなブックマークに追加
林真理子週刊朝日#ドラマ#林真理子
キムラ緑子(きむら・みどりこ)/1961年、兵庫県淡路島生まれ。マキノノゾミ主宰の劇団M.O.P.を経て、舞台、映画、ドラマと幅広く活動。2013年度後期のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での小姑役などで注目を集める。最近の出演作に、映画「関ケ原」、「祈りの幕が下りる時」(1月27日公開)、ドラマ「陸王」、舞台「喜劇 有頂天旅館」「三婆」「にんじん」など。2月1日から上演の舞台「喜劇 有頂天一座」に、渡辺えり演じる座長の弟子役で出演する。(撮影/写真部・岸本絢、ヘアメイク/笹浦洋子、スタイリング/松田綾子(オフィス・ドゥーエ))

キムラ緑子(きむら・みどりこ)/1961年、兵庫県淡路島生まれ。マキノノゾミ主宰の劇団M.O.P.を経て、舞台、映画、ドラマと幅広く活動。2013年度後期のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での小姑役などで注目を集める。最近の出演作に、映画「関ケ原」、「祈りの幕が下りる時」(1月27日公開)、ドラマ「陸王」、舞台「喜劇 有頂天旅館」「三婆」「にんじん」など。2月1日から上演の舞台「喜劇 有頂天一座」に、渡辺えり演じる座長の弟子役で出演する。(撮影/写真部・岸本絢、ヘアメイク/笹浦洋子、スタイリング/松田綾子(オフィス・ドゥーエ))

キムラ:えりさんだけは、ご自分が演出するとき、ブランチ役は私に、って言ってくださったんですけどね。でも、そのときは自分がステラをやるっておっしゃって。私が姉で、えりさんが妹か……。

林:でも、すごくいいと思う。私、それ絶対見たい。ステラの夫のスタンリーは誰がやるんですか。

キムラ:「誰がいいかなあ」ってえりさんとも想像して楽しんでいるんですが、これがなかなか決まらない(笑)。スタンリーは、ドロドロで汗ビッチョビチョの、働いても働いても貧乏な労働者階級というのが私のイメージなんですけどねえ。

林:話を聞いただけでワクワクしてきちゃった。その企画、ぜひ実現させてください。私、「お金を出してほしい」と言われたら、ちょっとぐらいは出します、『西郷どん!』の印税で(笑)。あ、鈴木亮平さんなんかどうかしら。「西郷どん」が終わったら。

キムラ:林さん、キャスティングで参加してください。早速えりさんに電話して、「林さんに力強く後押しをしていただいた」と伝えておこう。そんなに真剣に受け止めていただけるとは思いませんでした(笑)。林さんとえりさんとは、どちらでお知り合いになったんですか。

林:私たちデビューがほぼ一緒で、対談したりして何となく仲良くさせていただいているんです。でも、彼女の劇団3○○って難しくてよくわからないんです。

キムラ:夢の世界の中でのお芝居って感じですから、確かに言葉で感想を表現するのは難しいかもしれないですよね。

(構成/本誌・直木詩帆)

週刊朝日  2018年1月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい