増える「一人暮らし親」…手軽にできる見守り術

シニア

2018/01/21 07:00

 一人暮らしの高齢者は今や650万人以上。孤独死を防ぐため、安否確認は家族だけでなく、社会全体の課題だ。離れて暮らす親を最新技術で見守るサービスや、宅配業者による定期訪問などが広がる。親の近くに住むと家賃が割り引かれる「近居」の支援策も。最近の見守り事情を紹介する。

あわせて読みたい

  • 離れて暮らす高齢の親を見守るサービスあれこれ

    離れて暮らす高齢の親を見守るサービスあれこれ

    AERA

    1/23

    トイレの回数も感知 老親の「見守りサービス」が続々登場

    トイレの回数も感知 老親の「見守りサービス」が続々登場

    週刊朝日

    10/19

  • 介護が必要な祖父母の近くに住めば家賃補助アリ 知って得する自治体の助成金

    介護が必要な祖父母の近くに住めば家賃補助アリ 知って得する自治体の助成金

    AERA

    12/16

    遠距離介護は当たり前 実践者が語る生活を維持しながら遠方の親を見守る方法

    遠距離介護は当たり前 実践者が語る生活を維持しながら遠方の親を見守る方法

    dot.

    8/14

  • 5月に増加、孤立死はどうすれば防げるか 23区内で一人で亡くなる人が増えている

    5月に増加、孤立死はどうすれば防げるか 23区内で一人で亡くなる人が増えている

    AERA

    5/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す