AERA dot.

丸山茂樹「もうそんな時代じゃない」大相撲の暴力問題に意見

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹は、横綱日馬富士の暴行問題をどう見た?

丸山茂樹は、横綱日馬富士の暴行問題をどう見た?

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、松山英樹選手のホールインワン、角界の暴行事件について語った。

*  *  *
 国内男子ツアーの「ダンロップフェニックストーナメント」(11月16~19日、宮崎・フェニックスCC)は、27歳のブルックス・ケプカ(アメリカ)が圧巻の2連覇でした。2位に9打差と、尋常じゃない強さでしたよね。

 コースマネジメントに徹することができるってのが、彼のえらいところ。最近の飛ばし屋には何でもかんでもドライバーでガンガンいく選手が多い中で、今回もケプカはドライバーをあんまり持たなかった。狭いフェニックスでの戦い方を優先して、勝ちにいくゴルフを貫きました。普通は「日本に来たからドライバー見せてやれ」みたいな感じでガンガンいっちゃうんですけどね。アプローチもパターも非常にクオリティーが高いです。

 通算10アンダーの5位だった松山英樹(25)は、最終日の3番でホールインワンを決めました。試合では初めてで、相当うれしかったみたいです。

 次の日にテレビ番組の収録で会ったら、余韻冷めやらずといった感じで、そのときの様子を話してくれました。

 最近は島根、福井、石川と、立て続けに講演のお仕事をいただきました。だいたいどこも90分話すんですけど、島根なら「初上陸しました」で入ったり、福井なら「昨日はカニをいただきました」なんてね。そこからゴルフの話や僕の人生の話に入っていきます。金沢は片山津という名門コースが60周年だったので、その歴史について。そこは戸張捷(しょう)さん(72)と一緒だったんです。二人で話をして、非常に盛り上がりましたね。

 僕は一人で呼ばれた講演の場合でも、聞き手をつけてもらうんです。自分で話すのもいいんですけど、間延びしないようにするのが難しい。ある程度で切り上げて、次の話を振ってもらえるとうまくいくんです。でも打ち合わせはごく簡単にしかしません。あれを話して、これを話してってやってると、絶対話さなきゃいけない気になっちゃう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   丸山茂樹 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加