AERA dot.

高校野球タイブレーク時代へ 明徳vs.智弁和名将が語る戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田朔週刊朝日#高校野球

名将の知略が披露される日は近い!?(c)朝日新聞社

名将の知略が披露される日は近い!?(c)朝日新聞社

 来春の選抜大会から走者を置いて攻撃を始めるタイブレーク制の導入が決まった。その前哨戦となる明治神宮大会で実現し、バックネット裏で視察していた名将2人の実況解説が始まったのだが──。

 11月10日、神宮球場で開かれた高校の部1回戦、航空石川(北信越)─日大三(東京)は延長戦に突入。「僕は先攻有利だと思いますよ」と話すのは、甲子園春夏通算49勝の明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督。例えば先攻で3点取ると、その裏は2点奪われてもいい、という守備体形を敷け、相手にプレッシャーをかけられる。「当たってる打者からの攻撃だから、バントさせるより、一気に打たせます」(馬淵監督)

 ベンチ入りメンバーの選考も変わると断言。「無死一、二塁から攻撃するんだから、守備も打撃も下手だけどバントだけメチャクチャうまい選手をメンバーに入れとくとかね」(同)

 選手層の厚さが影響するとも見ている。「大阪のあのチーム(大阪桐蔭)とか、強豪校であれば三枚くらい投手を置いてバンバンいけますから」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   高校野球 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加