一之輔はガラケーで連載執筆していた! そして、ついに機種変して… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔はガラケーで連載執筆していた! そして、ついに機種変して…

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔氏がガラケーから機種変更したのは…(※写真はイメージ)

春風亭一之輔氏がガラケーから機種変更したのは…(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「どや顔」。

*  *  *
 先日、携帯電話を替えた。ガラケーをようやく機種変更。

 今までのガラケーは買ってから7、8年、だいぶ傷みが激しかった。ACアダプターの差し込み口の蓋はいつの間にか取れていた。操作ボタンをコーティングしているカバーも傷んで、「クリア」と「0・わ」と「8・や」が取れちゃって虫食いだらけ。充電満タンなのに電源が落ちたりする。Xデーが来る前に何とかしなければ、と「携帯を替える! 止めるな!」と家内にどや顔。「とっとと行ってこいやっ!!」の愛情溢れる声を背に受けて、池袋の某携帯ショップへ。緊張。超満員。2時間待ち。みんなスマホを手にどや顔。私の妄想かもしれないが、そう見えるから仕方ない。

「この時間は混むんですよね、申し訳ありません~」。まるで申し訳なさそうに聞こえないトーンの店員。知らないこっちが悪いかのような口ぶり。泣きそうになった。怖かった。なぜ携帯ショップは、店構え、ディスプレイ、店員、そして客までちょっとどや顔なのか?

「○○店でしたら空いてるかも~」。お前みたいなガラケーユーザーは、片田舎の支店がお似合いだ、と言うのか。池袋の何が偉い!? ○○は私の最寄り駅だ。馬鹿にしやがって! 「そっちに行ってみます。ありがとう」。冷静に応える。決してビビってなんかいない。ちくしょう、覚えてろ。いつか見返してやっからな。

 ○○店はガラガラだった。携帯ショップって威張ったって、閑古鳥の鳴く店もある! 今度はどや顔で入店してやった。

「機種変更したいんだけど!」。本当は「したいんですが……」と言ったのだが、ハートで負けないように「だけど!」な気持ちで店員に挑む。

私「今、ガラケーなんだけどさ」(本当は敬語を使った)

店員「スマホに替えますか?」

私「いや、あえてガラケーのままでいきたいんだよね」。こんな口ぶりでもないし、「あえて」でもなかったがガラケーでないと使いこなせる気がしない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい