米シード権を逃した石川遼に「一回リセット」と丸山茂樹が助言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米シード権を逃した石川遼に「一回リセット」と丸山茂樹が助言

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している(※写真はイメージ)

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している(※写真はイメージ)

丸山氏が、松山選手、石川選手について語った(※写真はイメージ)

丸山氏が、松山選手、石川選手について語った(※写真はイメージ)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、松山英樹選手の調子、石川遼選手が米ツアーのシード権を逃したことについて語った。

*  *  *
 男子ゴルフの世界選抜(ヨーロッパを除く)と米国選抜の団体対抗戦「プレジデンツ・カップ」(9月28日~10月1日、米ニュージャージー州ジャージーシティのリバティ・ナショナルGC)は、今年もアメリカの圧勝でした。これで7連覇です。

 世界選抜で出た松山英樹(25)は、ダブルスでは勝てませんでしたけど、最終日のシングルスのマッチプレーでは米PGAツアー年間王者のジャスティン・トーマス(24)に3&1で勝ちました。

 僕は大会前の練習ラウンドだけ見て日本に戻ったんですけど、英樹の状態はすごくよかったですよ。「一番悪い状態のところからは抜け出せた気がします」と言ってましたんで、シングルスの勝負ではしっかり力が出せたんだと思います。

 ダブルスは相棒もいることなんで、勝つには二人のプレーがかみ合わないと難しいってのがあります。実際、英樹も結構曲げてましたし。周囲の人の話では、ダブルスでは力が入りすぎてたみたいですね。でも最終日のシングルスでは、1番ホールからものすごくいい球を打っていけた。いい終わり方ができました。

「CIMBクラシック」(10月12~15日、マレーシアのTPCクアラルンプール)から、英樹の2017‐18年シーズンが始まる予定です。ここへ出場するなら、去年は最終日に優勝争いをしながら届かなかったんで、その屈辱を晴らせるような試合にできたらいいですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい