日本の宝! 司馬遼太郎・幻の直筆原稿“発見”秘話

2017/08/10 07:00

 司馬遼太郎さんの人気小説『竜馬がゆく』『坂の上の雲』。そのクライマックスと書き出し部分の生原稿が5月末、東京・神田の古本市場に突然、姿を現した。司馬遼太郎記念財団が入手し、半世紀ぶりに里帰りしている。現在は東大阪市の司馬遼太郎記念館で公開中で、ファンの熱い注目を集めている。

あわせて読みたい

  • 空海を考えて交通事故にあった司馬遼太郎

    空海を考えて交通事故にあった司馬遼太郎

    週刊朝日

    7/28

    みどり夫人を赤面させた司馬遼太郎の

    みどり夫人を赤面させた司馬遼太郎の"真夏の公開プロポーズ"

    BOOKSTAND

    11/13

  • あの北大路欣也の子役時代とは? 「竜馬がいく」共演者・二木てるみと60年前のアサヒグラフに

    あの北大路欣也の子役時代とは? 「竜馬がいく」共演者・二木てるみと60年前のアサヒグラフに

    週刊朝日

    7/16

    東出昌大も「うつくしい」と憧れ 司馬文学に生きる人々

    東出昌大も「うつくしい」と憧れ 司馬文学に生きる人々

    週刊朝日

    3/29

  • 司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    AERA

    11/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す