鈴木おさむ「『夕ニャン』の時に比べたら、裸芸・アキラなんて」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ「『夕ニャン』の時に比べたら、裸芸・アキラなんて」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「裸芸・アキラ100%」をテーマに送る。

*  *  *
 裸芸・アキラ100%が話題になっている。お盆一つで股間を隠し、お盆をあっという間のスピードで回して笑わせる。あ、先ほど「裸芸」と言ったが、失礼「お盆芸」です。

 あのアキラ100%の芸が卑猥だとか、下品だとか、まあ、いろんなクレームを言う人もいて、そのクレームを真剣に取り上げようとしている大人たちまで出てきている。

 この状況に対して、いろんな芸人さんたちが、あれは立派な芸だとか、品があると擁護している。その擁護に対しても「アキラ100%を、芸人さんみんなが擁護するのがなんか気持ち悪い」なんて意見を見た。それを見た上で言うが、おもしろければいいじゃないか。いや、笑ってる人が多いならばいいじゃないかと思う。

 人それぞれ趣味嗜好、生理があるのだから好き嫌いがあるのもわかるが、仮に10点満点で9対1の「1」を取り沙汰してしまう今の風潮はいかがなものかと思う。5対5で半分、苦手な人がいるならばわかる。

 乗った電車で延々と流れている映像だったらその苦情もわかるが、テレビだから。リモコン一個で簡単にチャンネルを回せばいいじゃないかと思う。当たり前すぎる意見だが。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい